三河地方の注文住宅・新築なら愛知県豊橋市の高柳建築

ご希望のライフスタイルに合わせた住みやすいマイホームを、子育て世代に手が届く価格で提案します。

下層image

ホームブログページ2021年 ≫ 1月 ≫

2021年1月の記事:ブログページ

地震台風に備えて屋根は「ルーガ」

DSC_2052

日本は地震や台風など自然災害がきわめて多い国です。そんな過酷な条件下で、古くから使用され愛されてきた瓦屋根。ケイミューは、瓦屋根の持つ耐久性、美しさ、重厚感はそのままに、新素材の力で、軽量性・耐風性・防水性に優れた瓦、「ルーガ」を開発。ルーガは、万一の自然の猛威から大切な住まいを守ります。

軽さ陶器平板瓦の1/2の重量で、地震時の揺れを軽減します。厚くて軽い一般的な陶器平板瓦と同等の厚みを持ちながら、「ルーガ」の重量はその約1/2という軽量設計。屋根が軽いと住まいの総重量を軽く、重心も低くできるため、地震の際に建物にかかる力を小さくできます。

2021年01月24日 11:47

4寸柱の家

IMG_20201102_124827_487
高柳建築では標準で【4寸角の柱】を使用します。1軒の家で100本ほどの柱を使いますので、それだけでもどれだけ丈夫になるか想像できると思います。しかもそれだけではなく・・・4寸角の太い柱を使うということは、柱をつなぐ【梁や桁という構造木材】も幅が4寸に太くなるという事です。更に、基礎の上に取り付ける【土台】という木材も太くなり・・・その下の【基礎の幅】も必然的に太くなります。
4寸角の太い柱を使う・・・ということは、ただ単に柱だけが丈夫だという事ではありません。全てにおいて丈夫になり、その分コストがかかります。ですので、今の木造住宅のほとんどが【3.5寸の柱】を使っています。
『高柳建築の家』はそのコストをかけてでも「丈夫さ」「安心」を優先しているのです!
2021年01月24日 11:32

ブログカテゴリ

モバイルサイト

高柳建築スマホサイトQRコード

高柳建築モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!